忍者ブログ

きままなひとりごと

引っ越しました。新しいブログはnmtysh.logです。
2015/12/27

ブログを引っ越しました

ブログの引っ越しを行いました。
別サービスへの移行になるため過去記事をすべて再確認しつつ、記事の削除やリンクの差し替えなどを行っています。
現在では役に立たなくなっているtipsなどは削除していますのでご了承ください。

新しいブログはこちらです。
nmtysh.log

今後は新しいブログのほうで更新していきますのでそちらをご覧ください。
2017/01/17 (Tue) 23:57

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/01/01 (Wed) 11:35

[vagrant] Vagrantのboxを作る(CentOS 6.5 x86_64)

本当は昨日公開する予定だったんですが、今日になっちゃいました。

[構成]
・CentOS 6.5 x86_64
 CentOS-6.5-x86_64-netinstall.iso
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6.5/isos/x86_64/
・CPU 1コア
・MEM 768MB
・Disk
 ・Disk1 20GiB 可変
  ・/boot     500MiB
  ・/(root) 15883MiB
  ・swap     4096MiB
 ・Disk2 20GiB 可変
  ・/data   20GiB
・ネットワーク
 ・NAT
  Intel PRO/1000 MT Desktop(8254OEM)
 ・Host-Only Adapter(vboxnet0)
  Intel PRO/1000 MT Desktop(8254OEM)

[設定]
・Domain
 centos65.localdomain
・Timezone
 Asia/Tokyo
 (System Clock UTC)
・言語
 Japanese
・キーボード
 US

[パッケージ]
・日本語サポート
・ベースシステム

[OSインストール後]
1. アップデート
# yum update -y
# yum clean all
# shutdown -r now

2. vagrant ユーザー作成
# user add vagrant
# passwd vagrant
vagrant

3. sudoers
# visudo
vagrant ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
を追加 Defaults requiretty をコメントアウト

4. ssh keyを追加
# su - vagrant
$ mkdir .ssh
$ chmod 0700 .ssh
$ cd .ssh
$ wget https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub -O authorized_keys
$ chmod 0600 authorized_keys

5. sshd 設定
# vi /etc/ssh/sshd_config
UseDNS no
# /etc/init.d/sshd restart

6. grubのタイムアウトを短くする
# vi /boot/grub/grub.conf
timeout=0

7. virtual box guest addon
# yum install kernel-devel gcc
# mount /dev/cdrom /media
# /media/VBoxLinuxAdditions.run
# umount /dev/cdrom

8. 履歴消去
# cat /dev/null > /home/vagrant/.bash_history
# cat /dev/null > ~/.bash_history

9. ゼロ埋め
# dd if=/dev/zero of=/data/zero
# rm -f /data/zero
# dd if=/dev/zero of=/zero
# rm -f /zero

10. 停止。ディスクファイル圧縮
# shutdown -h now
Hostで実行
$ VBoxManage modifyhd --compact root.vdi
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
$ VBoxManage modifyhd --compact data.vdi
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%

[boxを作成]
$ VBoxManage list vms
(省略)
"CentOS6.5" {48bf47f2-7145-4902-a67b-2579af927015}
$ vagrant package --base CentOS6.5 --output centos65-x86_64_20131231.box
[CentOS6.5] Clearing any previously set forwarded ports...
[CentOS6.5] Creating temporary directory for export...
[CentOS6.5] Exporting VM...
[CentOS6.5] Compressing package to: /Users/Username/VirtualBox VMs/CentOS6.5/centos65-x86_64_20131231.box

[test]
$ vagrant box add test /Users/Username/VirtualBox VMs/CentOS6.5/package.box
$ vagrant init test
$ vagrant up

boxを作成するときにメモリーサイズの設定は引き継がれるようです。
逆にネットワークIFの設定は引き継がれませんでした。
他の設定はほぼデフォルトのため確認できていませんが、他にも引き継がれる設定があるのかな…

参考:
Creating a Base Box - Vagrant Documentation
vagrantでVirtualBox4.3用のbox作り方 (ubuntu13.10) - Qiita [キータ]

拍手[1回]

PR