忍者ブログ

きままなひとりごと

引っ越しました。新しいブログはnmtysh.logです。
2015/12/27

ブログを引っ越しました

ブログの引っ越しを行いました。
別サービスへの移行になるため過去記事をすべて再確認しつつ、記事の削除やリンクの差し替えなどを行っています。
現在では役に立たなくなっているtipsなどは削除していますのでご了承ください。

新しいブログはこちらです。
nmtysh.log

今後は新しいブログのほうで更新していきますのでそちらをご覧ください。
2017/05/24 (Wed) 20:29

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/10/29 (Thu) 23:15

Androidメモ:javaコードからstring.xmlに定義した文字列を利用する

Androidプログラミングのメモ書き

string.xmlに定義した文字列はプロジェクトの/gen/R.java(リソースファイル)から参照できる。
この中でリソース参照用に定義されている定数を使用して参照する。

文字列の場合は、R.stringに定義されていて、R.string.nameで参照できる。
ボタンの場合は、R.id.name

例えば、string.xmlに
<string name="finish_label">Finish</string>
と定義してあれば、ソースで
getString(R.string.finish_label)
とすることで、このnameの文字列(Finish)を取得することができる。

ボタンの場合は、
(android.widget.Button)findViewById(R.id.name)
android.widget.Button型にキャストしているのは、findViewById()の戻り値がandroid.view.View型のため明示的なキャスト変換が必要なため。

09/11/11追記:
文字列は、
getResources().getText(R.string.finish_label)
でも取得できました。

09/11/14追記:
getString()を使うと<b>、<i>、<u>タグの書式設定を無視した文字列が返されます。
eclipseでstring.xmlファイルに<b>、<i>、<u>を記述する場合は、直接xmlを編集しないと駄目のようです。(リソースタブで編集するとタグがエスケープされる)。

拍手[2回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR